赤ちゃんモデルオーディションをパスするコツ【業者に撮影を依頼】

MENU

タイミングを逃さず

スタジオ

パパママの思い出作りにも

赤ちゃんモデルになりたいときは、何といってもタイミングとスピードが重要です。赤ちゃんの成長は速いのであっという間にチャンスがなくなってしまうためです。特に赤ちゃんモデルの需要は生まれたばかりの時期にドラマや映画の出産シーンや育児シーンに選ばれたり、赤ちゃん向けのおむつや衣料品、ベビーフードなどの広告チラシやテレビCM、その他の宣伝などに使われますが、身長や体重、まだハイハイできない状態、ハイハイしたり、お座りができる状態、立ち歩きができる状態など求められる状態も異なります。赤ちゃんモデルは赤ちゃんが意識して演技をするのではなく、そのままの自然な姿や行動を利用しますので、その赤ちゃんモデルごとに要求に応じられる機会と時間が限られています。そのため、テレビCMやドラマなどの撮影ごとのオーディションに応募するだけでなく、予め赤ちゃんモデルを募集している芸能事務所やモデル事務所、子ども劇団などに所属しておくことがおすすめです。所属するとホームページや芸能関係者向けのパンフレットなどに写真やプロフィールが紹介されるので、仕事が入りやすくなります。芸能事務所などに所属するためにもオーディションがあり、赤ちゃんモデルの場合は主に写真による選考と面接が基本です。オーディションに通れば、芸能事務所などにオーダーされる仕事を優先的に回してもらえますし、テレビドラマなどのオーディションがあることを案内してもらえ、機会を逃さずチャレンジできます。