赤ちゃんモデルオーディションをパスするコツ【業者に撮影を依頼】

MENU

受かれば良い記念になる

ライト

人見知りの様子を見てる

赤ちゃんが生まれると、自分の子を赤ちゃんのうちに赤ちゃんモデルとして、さまざまな雑誌や商品のモデルにしてみたいなと思う親はいます。赤ちゃんモデルはプロの方に写真を撮ってもらう良い記念にもなるため、出来るなら撮ってもらいたいと考えてしまうものです。赤ちゃんモデルになるためにはさまざまな方法があります。どの方法でもオーディションはあります。赤ちゃんのオーディションは何をするのかと不思議に思ってしまう方がいますが、言葉を話せない赤ちゃんでもオーディションで向いているか向いていないかをプロの方はしっかりと判断しています。一番に見ているのは赤ちゃんが人見知りをするのかしないのかを見ています。赤ちゃんモデルの撮影などは、お母さんが現場に一緒に来ますが、撮影はお母さんと一緒に行うわけではありません。一人で撮影したり、大人の誰かと一緒でもお母さん役などお母さんとは違う方と一緒の撮影になります。そんな中でいくら可愛らしい赤ちゃんでも人見知りをしてしまえば撮影を行うのは難しくなります。そのため赤ちゃんモデルのオーディションでは人見知りをせず誰の抱っこでも泣かないかをチェックします。また、赤ちゃんモデルのオーディションでは第1候補から第4候補ぐらいまで決めておきます。それは赤ちゃんなので撮影中に眠くなってしまう事があります。それでも撮影を行わなければならない時はあるので、何人か候補を選んでおくシステムになっています。大人もそれぞれ違いがあるように赤ちゃんにもそれぞれ気質などに違いがあります。親にとてもやる気があっても赤ちゃんの大きな負担にならないように見ながらオーディションなどを受けることも必要なことです。