赤ちゃんモデルオーディションをパスするコツ【業者に撮影を依頼】

MENU

自慢の我が子をモデルへ

レッドカーペット

一生の記念にもなる活動

可愛い自慢の我が子をモデルにしたいと思ったことのある親御さんは多く、赤ちゃんモデルになる方法もたくさんあります。人気の理由としては小さくて可愛いうちにプロのカメラマンに撮ってもらったり、テレビに出演させたいといったことがあげられます。赤ちゃんモデルを使用する媒体も様々で、テレビ・映画などのマスメディアや赤ちゃん用品を扱う企業のイメージキャラクターになったりと仕事も多いです。中でも一番人気なのはおむつのCMや商品のパッケージなどに使用される赤ちゃんモデルで、倍率も高いと言われています。こちらは事務所に所属してからの話で、その事務所に入るためにオーディションもあります。オーディションでは比較的態度や機嫌がよい子や、お父さんお母さんが前に出過ぎないということが重要です。赤ちゃんモデルとしての将来性などもオーディション時にプロの目で見定められ、事務所に入れれば他のCMやドラマや映画などにも出演できる可能性があります。他にも一般募集しているモデルもあり、こちらは事務所に所属していない子向けの赤ちゃんモデルになります。多くの仕事は赤ちゃん雑誌や育児本などに掲載されるモデルになり、ベビー服ブランドのモデルを務めることもあります。こちらは事務所に入るオーディションと違い、育児雑誌の巻末などにある応募用紙や応募フォームからの応募になります。親子出演を募集している雑誌もあるので、自分の子と読者モデルになることも夢ではないようです。