赤ちゃんモデルオーディションをパスするコツ【業者に撮影を依頼】

MENU

有名なところを選ぶ

カメラ

コツを把握する

赤ちゃんモデルにもオーディションがあります。街中でスカウトされない限り、親御さんが赤ちゃんを連れてオーディションを受けに行かないことには、お子さんを赤ちゃんモデルにすることはできないのです。いわゆるステージママと呼ばれるような熱心なお母さんは、赤ちゃんモデルのオーディション情報を収集するところから始めてみましょう。また、信頼できる芸能事務所のものではないと安心して受けることができません。まずは有名な芸能事務所が主催する赤ちゃんモデルのオーディションを選択することをおすすめします。雑誌やTV、インターネットなどを使えば情報を収集することはできるはずです。それから、赤ちゃんモデルといってもいろいろなジャンルがあります。TVのCMで赤ちゃんのおむつを宣伝するものがありますが、このようなところに出演できる赤ちゃんは一握りです。愛嬌があり、可愛いと誰もが思えるような赤ちゃんが選ばれます。泣いてばかりの赤ちゃんではCM撮影にも支障が出てしまうことでしょう。つまり、赤ちゃんモデルにも適性があるというわけです。ただし、オーディション内容によっては泣いても選ばれるようなものもあります。例えば映画やドラマなどに出演する場合です。赤ちゃんはいつも可愛く笑顔で居る必要はありません。映画やドラマのシーンの中には良いタイミングで泣き出してほしいこともあります。このような場合には喜怒哀楽がハッキリしている赤ちゃんが選ばれやすいのです。いずれにしても、オーディションに合格するためのコツを調べてみたり、情報を収集したりすることが大事です。